過去の招待講演とシンポジウム

2024年秋 2023年秋 2022年秋 2021年秋 2020年秋
2024年春 2023年春 2022年春 2021年春 2020年春
2015-2019年
2010-2014年
2005-2009年
1999-2004年

2021年秋

チュートリアル講演

  • 非可換エニオンを用いたトポロジカル量子計算入門
    加藤晃太郎(名古屋大院情報学研究科)(領域4,素粒子論領域,領域1,3,8)
  • 量子位相が駆動する光電流:シフト電流の基礎と応用可能性
    小川直毅(理研CEMS)(領域5, 4, 8)

招待講演

  • 原子層半導体・ヘテロ構造の光科学とその展開
    松田一成(京大エネ)(領域5,4)

シンポジウム

  • 強磁場コラボラトリーの現状と将来展望
    【共催】(領域3,4,8)
  • Interdisciplinary surface science researches toward innovative materials and devices
    (領域9,3,4,5,8)

2021年春

企画講演

  • モアレ物質の新奇な物性
    越野幹人(阪大理)(領域4, 7, 12)

チュートリアル講演

  • Skyrmion lattice in chiral magnets using resonant elastic soft x-ray scattering
    van der Laan Gerrit(Diamond Light Source)(領域3, 4, 8, 9)

シンポジウム

  • 次世代物質探索のための離散幾何学
    【共催】(素粒子論領域,領域3,4,11,12)
  • 脳神経回路と量子・スピン・AIの融合
    (領域3, 4, 7, 8, 11, 12)
  • スピントロニクスによる古典情報と量子情報科学の融合(文科省ロードマップ2020および日本学術会議マスタープラン2020重点大型研究計画)
    【共催】(領域4, 1, 3)
  • Current status of physics in odd frequency Cooper pairings
    (領域6, 1, 4, 8)
  • ハイパーマテリアル
    【共催】(領域6, 4, 7, 8, 9)
  • カイラル物質科学の新展開:カイラリティの本質に迫る
    (領域8, 3, 4)
  • 近藤効果研究の新展開 ー 現代の近藤効果 ー
    (領域8,素粒子論領域,領域1,4)
  • 「革新材料開発」の進展
    【共催】(領域10, 3, 4, 9, 11, 12)

2020年秋

招待講演

  • Topological materials: theory, prediction, and detection
    Tiantian Zhang (東工大理)(領域4)

シンポジウム

  • グラフェン物性科学の新展開
    (領域7, 4, 5, 9, 10)
  • 新奇重い電子超伝導体UTe2の研究の現状
    (領域8, 4)

2020年春

チュートリアル講演

  • Hyperuniformity of Quasicrystals, Disordered Solids, and Related Patterns
    Steinhardt Paul Joseph (Princeton Univ.)(領域4, 5, 11)

シンポジウム

  • ジャイロイドの物質科学ー最近の進展
    (領域12, 3, 4)
  • 多彩なスピン物性の発展を支える独創的な実験技術
    (領域4, 3, 8)
  • 表面界面の非対称性と非相反機能
    (領域9, 3, 4)
  • Research progress on novel heavy-fermion superconductor UTe2
    (領域8, 4)

これより前の学会