日本物理学会 学生優秀発表賞(領域4) 応募要領

日本物理学会領域4では、2018年度秋季大会より、物理学の発展に貢献する優秀な発表(口頭講演)を行った学生の方々に対して「学生優秀発表賞」を授与する制度を設けました。 本賞は、日本物理学会領域4の推薦にもとづき、会長名において授与されるものです。

年次大会または秋季大会で口頭発表を予定されている学生の方々の中で、審査を希望される方は、以下の【応募手続】に従って、奮ってご応募下さい。

【応募手続】

  1. 審査希望者は、当該大会のオンライン講演申込時に、学生優秀発表賞を「応募する」「応募しない」の選択から「応募する」を選ぶこと。 応募は各大会1人1件までとする。

  2. 審査希望者は、講演概要原稿提出締切日から1週間以内に、審査申請書(指導教員の自筆サインあるいは押印が無いものは無効)を審査委員長(領域代表)および領域副代表宛に電子メールで提出してください。

    〈提出方法〉審査申請書をスキャンしたpdfファイル(容量2MB以内)と、当該講演の講演概要ファイルを、下記電子メールアドレスに送付してください。

    電子メール宛先:
    jps-r4-studentaward-chair @ tf.phys.titech.ac.jp
    (審査委員長と領域副代表に届くアドレスです)
    件名を「日本物理学会学生優秀発表賞(領域4)応募書類」とすること。

※上記の2つの手続きのいずれかが欠けている場合は、審査対象外となります。
※審査申請書はこちらからダウンロードできます。


日本物理学会 領域4 学生優秀発表賞 審査委員長
領域4代表 藤澤 利正